【Windows】EdgeのIEモードについて

Windows

2022年6月にサポート期限を迎えるIE(Internet Explorer)ですが、対応を迫られている方も多いのではないでしょうか。

IEに代わるブラウザとしてMicrosoftから提供されているのがMicrosoft Edgeです。

(色々使いにくいのでChromeを使うことがほとんどな私ですが、、、)

EdgeにはIEモードと呼ばれる機能が備わっているので、Edgeで閲覧できないページをIEベースで閲覧することが可能です。

この記事では使い方と使用する際に気を付けなければいけないことを記載しておこうと思います。

IEモードの使い方

まずはEdgeを起動して、「・・・」の部分をクリックします。

続いて、「設定」をクリックします。

~再読み込みを許可を「許可」に設定し、「再起動」をクリックします。

※閲覧するURLが既に判明していてよく起動するページは、Internet Explorerモードページの「追加」から対象のURLを追加して常にIEモードで閲覧することも可能です。

再起動するとIEモードで閲覧できるようになるので、IEモードで閲覧したいページに使用しましょう。

EdgeのIEモードを使用する際の注意点

注意点として、IEモードが使用できない場合があります

その場合はほとんどは誤って、あるいは故意的にIEを削除している可能性があります

IEが端末にインストールされていない状態では、IEモードは使用できません。

まずはIEがインストールされているかを確認し、インストールされていなければ再度インストールをしなおしましょう

※インストールはオンラインでのみ実施できます。

IEの確認方法

スタート(左下Windowsマーク)> 「設定(歯車マーク)」 > アプリ > オプション機能 を開きます。

以下の画像のように、Internet Explorer 11が表示されていれば問題ありません。

表示されていなければ、画像の上の方に表示されている「機能の追加」からInternet Explorerをインストールしましょう。

まとめ

Microsoftなどメーカー側の都合でサポート期限が決められ、それに合わせて既存の環境を変化させるのは非常に大変ですよね。

ただそうも言ってられず、何かしら対応しないといけない場合もあります。

今回のIEモードもそのような状況になる可能性が非常に高いので、対処に困っている方の参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました