【Windows】DNSサーバで逆引きできるように設定する方法

Windows

ローカルドメイン環境をWindows Severで構築している環境が多いと思いますが、その場合DNSもWindows Severで構築することが多いかと思います。

※ADとDNSの相乗りなど

正引きは設定することがほとんどかと思いますが、逆引きは設定しなくても名前解決としては問題なく行えるので設定しないことも多いかと思います。

設定したことがないといざ設定する時に困ってしまうことが多かったので、備忘として記事にすることにしました。

DNSサーバに逆引きの設定をする

逆引き参照ゾーンを設定する

1)サーバマネージャーなどからDNSマネージャーを開きます。

2)DNS > ADサーバ名 > 逆引き参照ゾーン を右クリックし、新しいゾーンを選択します。

3)ウィザードが表示されたら次を押下し、ゾーンの種類を選択します。(基本はプライマリゾーンです。)

4)ADゾーンレプリケーションスコープを選択します。(このフォレスト~、またはこのドメインの~を選択します。)

5)逆引き参照ゾーン名を選択します。(IPv4 or IPv6)

6)ネットワークIDを入力します。

ネットワークIDはセグメントごとに設定します。

例えばドメインの中に逆引きしたいセグメントが1.1.1.*だった場合、

ネットワークIDには1.1.1.と入力してください。

ほかに1.1.2.*というセグメントを追加したい場合は1.1.1.の設定が終わった後にもう一度1)~同じ手順で1.1.2.を登録してください。

7)動的更新を選択します。

8)完了をクリックしたら終了です。

設定が正しく完了していた場合、以下を開くと先ほど登録したゾーンが表示されるようになっているかと思います。

DNS > ADサーバ名 > 逆引き参照ゾーン > 先ほど登録した参照ゾーン

この状態ではまだ逆引きできませんので、最後の設定をしていきます。

ポインターを登録する

1)先ほど作成した参照ゾーンを右クリックし、新しいポインターをクリックします。

2)ホストIPアドレスに登録したいIPアドレスを入力します。

3)ホスト名をホスト名.ドメイン名まで入力してください。

※正引きのAレコードに既に登録している場合は、参照から選択も可能です。

4)入力がすべて完了したらOKを選択します。

5)対象のIPアドレスが登録されていれば完了です。

当たり前ですが、1.1.1.1というIPアドレスを登録したい場合には、1.1.1.という逆引き参照ゾーンを作成し、そこに登録してくださいね。

絶対ではありませんが、DNSサーバの逆引き(ポインター)も設定しておくことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました