【VMware】仮想マシンのスナップショット削除に時間がかかる時の対処法

VMware

VMware仮想マシンのスナップショット削除時に時間がかかる時の対処法について、記事にいたします!

また、VMware仮想マシンのスナップショットを削除の仕組みについても簡単に解説します。

スナップショットとバックアップの違いを踏まえながら解説していきます!

仮想マシンのスナップショット削除に時間がかかる時の対処法は!?

結論は「待ちましょう」です。

スナップショットの削除に時間がかかる場合には待つしかありません、、、

そうならないためにも、日ごろからスナップショットはこまめに削除しましょう!

負の遺産となってしまいますからね。

データを取っておきたい場合にはバックアップを取得しましょう!

スナップショットの削除に数時間以上要する場合がある

スナップショットを削除する場合、削除処理に数時間以上要する場合があります

では、こんなに時間がかかってしまうのはどんなケースでしょうか!?

スナップショットが数か月~数年前の場合、削除に時間がかかる

一概には言えませんが、スナップショットを取得したタイミングからある程度期間が経つ場合、削除にとても時間がかかってしまいます

対象の「期間」はあくまで目安となります。

実際にはスナップショットを取得してから、削除するまでの間にどれだけのデータが書き換わっているかによるのです。

では詳しく原因についてみていきましょう!

スナップショット削除に時間がかかる原因

スナップショットとバックアップは似ているように思えますが、両者は似て非なるものです。

ではスナップショットとバックアップの考え方の違いについて簡単に説明していきます。

・スナップショット・・・差分のみを取得する。

・バックアップ・・・全てのデータを取得する。

両者の違いについて、もう少し詳しく見ていきたいと思います。

スナップショットの考え方

スナップショットの考え方は、差分のみの取得です。

VMwareのスナップショットでは、スナップショットを取得した起点から現在までのすべての差分が差分データとして一時的に保存され続けます

そのため、スナップショットの取得期間が古いほど、現在までの差分データが大量に存在することになります。

さらに大切なのが、スナップショットを削除しない限り、差分データはvmdkファイル本体(仮想マシンを構成するファイル)に保存されることがないのです。

言い換えると、削除するタイミングで差分データが一気にvmdkファイル本体に書き込まれることになります。

そのため差分データが多ければ多いほど、スナップショットの処理に時間がかかってしまうのです。

スナップショットの使い方

例えば、WindowsOSの仮想マシンをWindowsUpdate作業を実施するとします。

スナップショットは、アップデート作業後に不具合が生じてしまった場合などを想定して作業前に取得します

新規でスナップショットを取得する場合は、差分のデータが全く存在しないためすぐにスナップショットを取得することができます。

そしてアップデート作業を終えて、正常性確認をした時に不具合が見つかれば、アップデート作業にて蓄積された差分データを

破棄する=元に戻す

事で仮想マシンをアップデート前に戻すことができます

これがスナップショットによるリストアです。

アップデート作業後に正常性確認を実施し、問題がなければスナップショットを削除しましょう

そうすることで、差分データがvmdkファイル本体に書き込まれると同時に差分データは削除されますので、次回スナップショットを取得するときもすぐに取得することができます。

バックアップの考え方

スナップショットの考え方に触れたので、ついでにバックアップの考え方についても記載します。

バックアップの考え方は、全てのデータを取得することです。

そのため、バックアップを取得には(保存するデータ容量によりますが)、ある程度時間がかかります。

そしてスナップショットとの大きな違いは、バックアップを取得してもvmdkファイル本体に新しいデータが書き込まれ続けることです。

そのため、バックアップデータはvmdkファイル本体に比べて古いデータとなるのです。

バックアップを取得するメリットは、vmdkファイル本体が壊れてしまった場合でもデータをすべて戻すことができます。(=リストア)

※戻すことができるのは当然ですが、バックアップを取得したところまでです。数年間バックアップを取得していなければ、数年前に戻ってしまいます。

まとめ

私もそうでしたが、スナップショットの削除に時間がかかるととても不安になりますよね、、、

なので仕組みを理解することで、その不安を解消できるかと思います!

少しでも参考になれば幸いです。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました