【Excel効率化】セルで〇、×を選択できるようにする方法

未分類

Excelで〇、×をいちいち入力するのって面倒ですよね。

なので選択できるように設定したいのですが、たまにやろうとすると忘れてしまうので記事にしておこうと思います。

※ちなみに今回試すのはoffice365です。多分office2016、2019でも同様だと思います。

〇、×を選択できるようにする方法

まずExcelを開いたら、上のタブ欄から「データ」を選択します。

「データの入力規則」をクリックします。

「入力値の種類:リスト」、「元の値:〇,×」に設定し、「OK」をクリックします。

※この時、〇,×の点を「カンマ区切り」にしてください。(半角状態で「ね」のキーを押すと出てきます。)

そうすると以下のようにセルをクリックすると、「〇」と「×」が選択できるようになります。

大量に上記の操作をしたいのであれば、コピーして任意の場所に張り付けましょう!

他にも応用できる

応用として例えばシフト管理するときなど、従業員が決まっている場合にはこのように選択させるのが非常に効率的です。

※例に出すのは非常に簡易的なものです。

時間帯が決まっているのであれば、「元の値」に時間帯を入れるだけで選択できるようになります。

「〇,×」にしていた部分を「open~15時,15時~close,open~12時」にすると以下のようになります。

他にもメンバーの部分に従業員の名前を「元の値」に入力しておけば、従業員を選択できるようになります。

このように「いくつかの選択肢から選ぶ場合」には非常に有用な方法が「データの入力規則」です!

まとめ

Excelはいかに効率化を考えて作業するかが結構大事になったりしますので、参考になれば幸いです。

他にも本格的なシフト表の作成の仕方など記事にしていきたいと思います。

Excelは仕事で使えると重宝されますし、なにより日々の業務が劇的に楽になる可能性があります。

Excelを使わないデスクワークは基本的にあまりないのかなと思いますので、本なんかを読んで勉強してみるのもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました